『魔法科高校の劣等生』は、佐島勤氏による

日本のライトノベルを基にしたアニメ。

 

 

 

2014年4月から同年9月まで全26話で放送された。

 

 

 

小説の初年度分の「入学編」(第1話~第7話)、

「九校戦編」(第8話~第18話)、

「横浜騒乱編」(第19話~第26話)を放映。

 

 

 

 

 

 

『魔法科高校の劣等生』の概要

 

 

 

20年続いた第三次世界大戦が終結してから35年たった西暦2095年。

 

 

 

魔法技能師養成のための国策高等学校の一つ、

国立魔法大学付属第一高校には、エリートとして将来を

約束された「一科生」と、その補欠である「二科生」があった。

 

 

 

「一科生」は『花冠 (ブルーム)』、「二科生」は

『雑草 (ウィード)』と呼ばれていた

 

 

 

その第一高校の「一科生」に妹が、「二科生」に兄が

入学する。

 

 

 

舞台設定

 

第三次世界大戦が魔法師の力により集結して、35年の西暦2095年。

 

 

 

日本では十家の魔法師の家が十師族として各地を分割して

監視・守護している。

 

 

 

 

登場人物

司波 達也(しば たつや)

声 – 中村悠一

本作の主人公。

 

 

司波 深雪(しば みゆき)

声 – 早見沙織

本作のヒロイン。達也の妹

 

 

達矢のクラスメイト

西城 レオンハルト(さいじょう レオンハルト)

声 – 寺島拓篤

 

 

千葉 エリカ(ちば エリカ)

声 – 内山夕実

 

 

柴田 美月(しばた みづき)

声 – 佐藤聡美

 

 

吉田 幹比古(よしだ みきひこ)

声 – 田丸篤志

 

 

深雪のクラスメイト

光井 ほのか(みつい ほのか)

声 – 雨宮天

 

 

北山 雫(きたやま しずく)

声 – 巽悠衣子

 

 

 

 

 

 

『魔法科高校の劣等生』のお勧めな点

今回はこの記事を書くにあたって、またしても全26話を大人見してしまった。

 

 

第1話の冒頭で、大きな背景が語られているので、時代や舞台設定は

ある程度頭に入れてみることが出来た。

 

 

小説は読んでいないので、小説とアニメの差からくる違和感はなかったが、

最初の3~4話くらいまで見ないと背景がなかなか理解できなかった。

 

 

魔法が使え、それを工学的にコントロールが出来るものとしている

設定を受け入れてしまえば、高校生活の中で発生するやや特異な

事件を思わず追っていて、次から次に話を見進めてしまうだろう。

 

 

近未来モノやSFアニメが好きな人にはいろいろと心くすぐる設定で

楽しめると思う。

 

 

 

 

『魔法科高校の劣等生』を配信している動画配信サービス

 

2018年10月16日現在で『魔法科高校の劣等生』のアニメは

 

下記の動画配信サービスで配信されています。

 

 

U-NEXT

 

dアニメストア

 

Hulu

 

 

 

 

補足

 

このページに記載の情報は2018年10月時点のものです。

 

最新の情報は各サイトでご確認ください。

 

 

 

 

参考情報

 

アニメ『魔法科高校の劣等生』